腸の問題

綺麗なサプリ

腸閉塞は小腸や大腸が部分的または完全に塞がるために食べ物・老廃物・水やガスが通らなくなり、ほっておくと死に至る緊急の手術が必要な病気です。原因の一つは腹部や骨盤内臓器の手術後や感染後にできた癒着や瘢痕で、主に小腸の閉塞につながります。小腸が腹壁などの弱い部分を突き抜けるヘルニアも原因になります。腫瘍も腸閉塞をおこし、大腸癌は大腸で最も多い原因の一つになります。 小腸での症状は早く進み、へその周りの痛みがあります。大腸の症状は徐々に進み、下腹部痛がおこります。これらの痛みは、穏やかなものから急な激しいものまであり断続的です。小腸閉塞では吐き気や嘔吐が、大腸閉塞では腹部膨満感あるいは部分閉塞での下痢や完全閉塞での頑固な便秘がおこります。大腸癌では、下痢と便秘が交互におこったり出血を伴うこともあります。

腸閉塞の治療は原因や病状によって異なりますが、一般的には入院が必要です。失われた水分を補給するための点滴、経鼻胃チューブの設置、排尿のためのカテーテルの設置がおこなわれます。部分的腸閉塞に対しては、浣腸が使われたり閉塞部を開くためにチューブの一時的な設置がおこなわれます。 完全閉塞の場合は、壊れた部位と原因の癒着や腫瘍を除いたり残りの腸の端をつなぐ手術がおこなわれます。ヘルニアでは修復手術が必要です。高齢者や末期がん患者など手術が難しい場合には、腸の閉塞部位を強制的に開くためのステントと呼ばれる器具やチューブを内視鏡を用いて留置する方法も用いられます。また老廃物や便を出すため、腸と体外を結ぶ孔や人工肛門を作る手術もおこなわれる場合があります。